経営戦略 人材マネジメント 顧客開拓 販売促進なら 那由他ジャパン

一般社団法人 那由他ジャパン
電話番号
お問合せはこちらWEBからのお問合せは

コラムcolumn

【中小零細企業】2分でわかる経営戦略の必要性【個人事業主】―その1

DL080

「個人事業主や小さな会社に経営戦略は必要か?」
「戦略で飯が食えるのか?」

これ実は、よく問われるお話です。

小さな会社や個人事業において、そんな立派な経営戦略や計画が本当に必要なのか?
自分の頭の中にあるから、まだ大丈夫です。

あるいは、目の前の仕事に忙しいし、経営戦略を考えても売上があがるわけではない、等ということも考えてしまう場合があるようです。

 

■そもそも経営戦略とは?

本来経営戦略とは「中長期的な将来に自社や自店がどんなふうになってほしいのか?」を描き、それを実現するための行動計画になるはずです。

もしも無駄であると感じてしまうなら、「将来ビジョンが描けていない」「ビジョンを実現するために何をしたらよいかが明確になっていない」などの状況も考えられます。

そのような曖昧な状態を早く脱却して、何をすれば良いのかを明確にすることは、とても大切だと思います。

また、経営者さま自らの頭の中にあるから大丈夫ということも一理ありますが、従業員さんや関係者さんが経営者様と同じ方向を向いて行動するためにも、何らかの形での形式化や「伝わる」取り組みを行うことは、非常に重要なポイントです。

戦略を作ったから売上が上がるのではなく、売り上げを上げるために必要な戦略を策定し、行動することが第一歩と考えてみてください。

また小さい企業であるということや個人事業だから必要ないかといえば、やはりビジョンや戦略はあった方が良いです。
小さな飲食店様や個人事業主様においても、戦略の「視点」を取り入れるだけで、行動が変わります。

難しいことではなく、小さな取組からでもできる経営力向上策です

 

関連記事

【中小零細企業】2分でわかる経営戦略の必要性【個人事業主】―その2