経営戦略 人材マネジメント 顧客開拓 販売促進なら 那由他ジャパン

一般社団法人 那由他ジャパン
電話番号
お問合せはこちらWEBからのお問合せは

コラムcolumn

【中小零細企業】2分でわかる経営戦略の必要性【個人事業主】―その2

DL080

経営をしていくうえで、戦略や計画はなぜ必要なのでしょうか?

仮に戦略と計画がない経営というものを想像してみてください。
一言で言うと、「場当たり的」ということになりませんか。
それが、あまり良いことではないことで事は、頭ではわかると思います。

でも、
「現実的には目の前の仕事に忙しくて作っている暇がない」
「戦略とか、計画は作ってないけど、頭の中ではしっかり考えている」
そのようにおっしゃる経営者様も当然いると思います。

これは一面真実だと思います。

事業がうまくいっているのであれば、それを否定するものではありません。
「自社らしく」経営するということも大切です。

しかし、心のどこかで将来に対する漠然とした不安はないでしょうか?
理屈ではなく心から「腑に落ちる」経営ができているか疑問はありませんか?

経営戦略と経営計画は、中長期的な自社の目標に対して立てるものです。
将来のことは誰もわからないわけですが、その「見えない未来」に対して自社がどのような方向にどこを目指していくのかを決めることなのです。

戦略と計画は未来の「予測」でも「予言」でもありません。
経営の未来に対する経営者の「心」であり「意思」の表明となります。
意思を表明することで、従業員さんや協力者さんも何をすれば良いのかが明確になります。
同じ方向を見ることができます。
目標達成のための道筋もはっきりと見えてくるでしょう。
そのような決意と行動の伴う成果物が戦略であり計画であると考えることができます。

自社の現状を知り、改善するきっかけとしてもとても重要です。

 

関連記事

【中小零細企業】2分でわかる経営戦略の必要性【個人事業主】―その1