経営戦略 人材マネジメント 顧客開拓 販売促進なら 那由他ジャパン

一般社団法人 那由他ジャパン
電話番号
お問合せはこちらWEBからのお問合せは

統計用語集statistics glossary

回帰分析 かいきぶんせき

相関のある変数を用いて要因・結果のモデル化を行い、予測を行う統計手法。

結果をY、結果の説明をする変数がXとして、XからYを予測する。
Y=aX+bのように数式モデル化される。

特に結果の説明を行う変数が1つの場合には単回帰分析と言い、複数の場合には重回帰分析と言う。

例えば、既存の店舗の売上を説明する要因として人口をX人とおいて、売上金額Y円を推定する数式モデルを作成することができれば、新規出店エリアの売上金額を予測することが可能となり、出店エリアの選定に活用できることになる。

統計用語集一覧に戻る