経営戦略 人材マネジメント 顧客開拓 販売促進なら 那由他ジャパン

一般社団法人 那由他ジャパン
電話番号
お問合せはこちらWEBからのお問合せは

はじめての方へIntroduction

今後の企業・店舗経営に必要な要素「経営戦略」

今後の企業・店舗の持続的な繁栄や成長・発展において、自社の明確な「経営戦略」を持つことは、企業・店舗経営者にとって無くてはならない重要な要素です。

これからの時代、特に中小企業・店舗経営において、いかに「地域・社会に愛され求められる企業・店舗になるか?」は、市場ニーズ・潮流から見ても明らかであると言え、大企業よりも中小企業・店舗の経営において、この「経営戦略」の重要性は高いといっても過言ではありません。

なぜ、「経営戦略」が必要なのか?

「戦術のミスは戦略で補えるが、戦略のミスは戦術でカバーできない」と言われています。
一説には、「戦略」の影響度は、「戦術」の6倍も大きいとされています。

もし、企業にとって「経営戦略」がないと、事業をどのように進めていけばよいか手探りの状態になってしまいます。荒海に海図もなく航海しているようなものです。目的が見えなかったり、仮に目的が見えても、そこにどのように行けば良いかがわかりません。

事業が行き詰ったとき、その解決の「道しるべ」になるのが経営戦略です。新たに事業展開をするとき、どのように事業展開をするかの「道しるべ」となるのも経営戦略です。

このように、経営戦略は「海図」のようなものなので、事業を行う(航海する)ためには、必要不可欠なものなのです。

企業・店舗経営における「戦略」とは?「戦術」とは?

戦略とは、目的・目標を達成するための大局的な方策の道筋のことであり、「何のために何をするのか?」という要素です。

戦術とは、一つひとつの方策を実現するための具体的な方法や手段のことであり、「どうやって行うのか?」という要素です。

戦略とは、自社・市場を取り巻く様々な内的・外的要因を俯瞰して取り込み、短期~中・長期的な目的実現のために進むべき大局的な展開手順のことをいいます。企業を取り巻く環境の変化で、方針を大幅に見直しせざるを得ない戦略は、「経営戦略」とはいえません。

市場環境の変化が激しい昨今、特に中小企業・店舗経営においては、目先の「戦術」も大切ではありますが、このような市場環境だからこそ、「戦略」が重要なのです。

那由他ジャパンは、企業・店舗経営様が抱える様々な経営課題を解決に導くことができる確固たる独自の経営戦略策定理論により、今後の企業・店舗経営において不可欠となる経営課題解決のための「経営戦略」策定をサポートいたします。