経営戦略 人材マネジメント 顧客開拓 販売促進なら 那由他ジャパン

一般社団法人 那由他ジャパン
電話番号
お問合せはこちらWEBからのお問合せは

戦略仮説立案management strategy

service-management00
理想を実現するために、戦略を立てる

経営戦略は、お客様の企業がビジョンの達成に向けて行う様々な活動を効率 よく実行するための計画で、状況に応じて課題を取捨選択することによって 導き出します。しかし、戦略策定の経験がなければ、どのように戦略を 立てたら良いのかわかりません。

弊社の戦略仮説立案サービスは、経営戦略に馴染みのないお客様のために、 綿密な打ち合わせによって課題のヒアリングをさせていただき、お客様の暗黙知を経営戦略に反映させるサポートをいたします。

お問い合わせdownload02

戦略仮説はなぜ必要?

「戦略」は企業を理想に近づけるための方針
service-management02

市場の競争が激化する中で顧客を開拓するためには、目の前の課題や 思い付きの施策などに闇雲に取り組んでいては成果は上がりません。 大切なことは、目的に向かって、しなければならないこととそうでないことを明確に区別することです。

目的を達成するためには、目指す理想像と現状を明確化し、そこに 向かう上での課題を発見・対処しなければなりません。理想像が なければ何を目指したら良いのかがわからず、自社の現状や市場や競合の認識ができていなければ企業が今どのような状態にあるのかが わかりません。理想像と現状の双方が明確になったとき、そのギャップが企業の課題として認識され、何をしたら良いかを詳細に決めてゆく ことができます。

企業の経営活動において、自社を効率よく理想に近づけるための方針は「戦略」といいます。効果的な戦略を得るには、戦略策定のノウハウが必要です。

自社の内部と外部を分析して、将来に適応する
service-management03

効果的な経営戦略を立案するための基本は、「自社」の現状と理想像、「市場」「競合」の現状と今後の動向を把握することです。

自社について把握するためには、財務諸表から読み取れる情報以上に、定性的な情報が重要です。自社が他社と比べて強い(弱い)部分を様々な観点から把握しなければなりません。これは自社にとって暗黙知となっている内部環境の情報であり、可視化することで、他社との競争 市場で自社が活かせることや改善すべきことを決定するヒントになり ます。

また、市場について把握するために、業界内の動向だけでなく、他業界から受ける影響や、消費者の動向など、自社の外部を取り巻く環境の 情報を予測しておく必要があります。

内部環境の情報を可視化し、外部環境の情報と掛け合わせて、将来の 環境に適応する自社の経営戦略を得るために、弊社の「戦略仮説立案サービス」をぜひご活用ください。

活用例

このようなことにお困りではないですか?
  • 社内で方針・目標を共有できていない
  • 業務が収益につながっていない
  • 経営戦略を立てるノウハウがない
「戦略仮説立案」を行うことにより、
  • 自社の内部・外部環境についての現状認識の可視化
  • 自社の理想像を実現するための経営目標可視化・課題抽出
  • 経営目標を業務に落とし込むための達成目標明確化・目標数値設定 等にご活用いただけます。
service-management04

ご提供までの流れ

service-management06